タグ: 就任

法律で相続人がいない場合のことが決まっている

相続人不存在の場合は、被相続人の債権者、特別縁故者、検察官が裁判所に対して相続財産管理人の選任を請求しますよ

財産は誰も引き継ぐ人がいないので最終的には国庫帰属になります。
共有者も特別縁故者もいない場合には、相続財産管理人には家庭裁判所の審判により
報酬が決められ、相続財産の中から支払われます。
そして残った財産は国庫に帰属します。

これは最初から相続人が全くいない場合のほか、
相続人の全員が相続放棄してしまったような場合にも該当します。
“法律で相続人がいない場合のことが決まっている”の詳細は »