タグ: 作成

公正証書で遺言をつくるということと相続のつながり

公証人が遺言者の口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、遺言者及び証人が筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押します。

公正証書遺言とは?証人二人以上の立会いがあり、遺言者が遺言の内容を公証人に口授し、公証人が遺言者の口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、遺言者及び証人が筆記の
正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押します。

公証人がその証書は上記に掲げる方式に従って作ったものである旨を附記して、これに署名し、印を押して作成されたものです。
“公正証書で遺言をつくるということと相続のつながり”の詳細は »