相続税が何なのかよく分からないという方は

相続税は、親族などが亡くなったことにより、財産を前の代から受け継いだ場合や、
遺言により財産をもらった場合に発生する税金です。

払わなければならない理由として、
1.不労所得である
2.特定の人に財産が集中する事を抑えるため
と言われています。

では、どんな相続で相続税がかかるのでしょうか。
相続税がかかるのは相続財産が基礎控除を超える場合です。
基礎控除の金額を超える場合は、その超える部分に相続税がかかります。

H26年12月31日までは、
基礎控除額=5,000万円×1,000万円×法定相続人の数
となります。
(例: 法定相続人とは?法定相続人が配偶者と子ども2人の場合 5,000万円 + 1,000万円 × 3人 = 8,000万円)

また相続税がかかるケースには、以下があげられます。

1 相続で
  亡くなった人が生前、自分が死んだ際に財産をあげることを決めていなかったケースです。

2 遺贈(いぞう)で
  亡くなった人が特に、自分が死んだら誰に財産を譲るのかを遺言書で決めていたものです。
  相続人に一方的に財産を与えるのが遺贈にあたります。

3 死因贈与
  亡くなった人が生前に、自分が死んだ際に財産をあげることを生前に契約できめていたものです。
  財産を譲る人が、「財産を譲るよ」と表明するだけでなはく、財産をもらう側も、「もらう事を表明」
  しているケースで、しっかりとした契約関係が必要です。

4 生前贈与
  被相続人が生前に、自分の意志で財産を譲る事をいいます。
  譲る相手は、相続人でなくてもかまいません。自分亡き後の財産争いをできるだけ防ごうとするのが目的のひとつです。

相続は、その方その方によって内容が異なります。
全く同じケースはありません。
難しいな、とお感じになられた方は、相続の専門家に相談してみる事をお勧めします。

«
»
 

トラックバックURL