法定相続分とはどういったきまりでしょうか

民法では遺言が無い場合には、法定相続人が相続する割合を
決めています。

法定相続人の相続する割合を「法定相続分」といいます。
ただし法定相続人全員の合意があれば法定相続人にこだわらず
どのような分け方をしてもかまいません。

第九百条   【 法定相続分 】
第一項 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、左の規定に従う。
第一号 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の
相続分は、各二分の一とする。

第二号 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、
三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
第三号 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

第四号 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、
相等しいものとする。但し、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の
相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、
父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

法定相続分の割合は法廷相続人が誰になるかによって決まります。
配偶者と子、子供のみ、配偶者のみなど様々なパターンが
予想されます。

配偶者と父母の場合もありえますし、家族構成によりさまざまな
パターンが出てきます。

遺留分とは・・・・・・・・・・・・

相続人からの相談ならいつでも無料の川崎相談室です。

法定相続人が相続できる民法による、最低限の相続権利のこと。
これを遺留分と呼びます。
遺言では本人の意思で自由に財産を分けることができます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む