債権が多い場合の相続はこうなるんです。

遺産相続というのは、プラスになるものばかりでなくその人(被相続人)が持っていた債権まで受け継がれます。ですsからその財産には不動産、財産だけではなく借金のような債権も受けつがれてしまうのです。一括して相続人に受け継がれてしまうのが相続の特徴ですが、借金が多い場合は相続を取りやめるほうがいいでしょう。これらの相続人を守るための法律が「相続放棄」と「限定承認」と呼ばれるものです。

○相続放棄・・・・・相続を希望しない相続人が相続の権利を放棄することで相続人から外れること。相続人は遺産だけでなく、借金を受け継ぐ必要がなくなります。

○限定承認・・・・・遺産や借金を受け継ぐが借金支払いの責任は遺産の中で行い、相続人の固有の財産まで借金の支払いに充てない法。マイナスの財産を返済し、残った財産を相続することができるのです。またマイナスの財産が多かった場合でもプラスの財産の範囲内で債務を返済することで、債務の返済を終わらせることができるというものです。

「明らかにマイナスの財産が多い」場合は相続放棄すれば良いのですが、逆にどちらが多いのか不明という場合は限定承認を選ぶことができます。ただし限定承認のデメリットは手続きが煩雑なことです。財産目録の作成を専門家に依頼しなければならず、その分費用もかさみ、債権者とのやり取りなど手続きも面倒となり、相続人全員で申述しなければならないので、実際にはそれほど利用されることが多くありません。

横浜で相続の相談と登記を担当する
専門の分野として相続を掲げる人だから相談にいくのに心強いですね。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む