相続で家庭裁判所に持ち込む心得

相続について家庭裁判所へ持ち込む場合は慎重に行いましょう。よほど急な案件で無い限り、相続人同士できちんと話し合いをつけて整理してから持ち込みましょう。遺産分割に関しては相続人が多くいる場合は、なおさらのこと法律的には相続人の一人が家庭裁判所に出向くとその他の相続人は相手方になってしまうということです。誰か一人が争う姿勢をもっていればそのほかの相続人が全員相手方として、認められたことになります。裁判所からのいきなりの呼び出しについては少なからず相手方とすれば衝撃を受けることとなります。望ましいのは、事前に相続人で調整をつけておくことも準備として家庭裁判所に持ち込む前にできる限りして欲しいところではあります。感情的になってしまうとこれらの本質を見失いがちになってしまいますので気をつけましょう。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む