相続の遺言はいいことばかりではない?

遺産争いというと、お金が豊富でそれをみんなで分け合うことの争いと思われるのが一般ですね。しかし実は遺産には債権(借金)や負債、その他の義務も含まれていることを忘れてはいけません。プラス面ばかりを見ていて、マイナス面を見逃してしまうとうっかり債務者になってしまうこともあるのです。逆に遺言を残したい人は自分の借金や負債、義務などについても必ず書いておくことが大切です。遺言する以上は、相続する人に対してきちんとマイナス面がある場合には注文を入れておくことが必要でしょう。逆に遺産のプラス面よりマイナス面が大きい遺言内容であれば、相続人は放棄することもできるわけですし相続人が、一定の条件をクリアできるのであればプラス面となる遺産を残してあげられるということも出てくるかもしれません。オブラードに包んだ書き方はせず、包み隠さずマイナス面の処理についても記載しておきましょう。そしてそれを受けるも受けないも、相続人の選択とさせるようにしていきましょう。

遺産相続の相談が専門的なのにわかり易い
よくらずに遺産分割協議書をかくと、せっかくかいたのに、相続の手続でとんざすることがあります。
www.souzoku-shien.net/legacy

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む