次のように相続の順位が決まってくるのだ

遺言がない場合、あるいは遺言が法律的に有効なものでない場合には、民法の規定により相続人になれる人の範囲と順位が決まります。
そして、この民法の規定により相続人となる人のことを『法定相続人(ほうてい相続にん)』と言います。
法定相続の場合には、法定相続人の間の遺産分割協議により遺産が分割されます。
民法の規定により法定相続人になれる人は配偶者(法律上の夫または妻)、子(直系卑属)、
父母(直系尊属)、兄弟姉妹(傍系血族)の4種類の立場の人です。
ですから、内縁の妻や長男の嫁、叔父・叔母などに遺産を残したいのであれば、
これらの者を受遺者とする遺言書を作成する必要がありそれらを指定なければ到底内縁の妻やおじ、おばなどに遺産を残すことはできません。

直系及び傍系(兄弟姉妹)の相続権(889条)
1.被相続人の子
2.被相続人の直系尊属(ただし最近親どまり)
3.被相続人の兄弟姉妹
被相続人の配偶者は、上記の者と同順位で常に相続人となる。同順位同士との相続となるのであって、遺言による指定がない限り他順位間とで相続することはない。
ただし、以下の内容に該当する人は相続人になることができません。

第891条
次に掲げる者は、相続人となることができない。
一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、
又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、
又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、
取り消し、又は変更することを妨げた者
四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

横浜にて相続の相談を無料で実施
整理さえしてしまえば相続の手続きは順調に進みやすい側面がありますね。
www.souzoku-shien.net

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む