遺言執行者の業務とはどんなこと?

遺言とは、遺言者が亡くなったあとの意思を、実現するもであります。

遺言執行者とは、その遺言の内容を
実現する者のことを言います。


“遺言執行者の業務とはどんなこと?”の詳細は »

相続税が何なのかよく分からないという方は

相続税がかからない相続、かかる相続があります。 我が家がどちらに当てはまるのかは、専門家に相談してみるとよいでしょう。

相続税は、親族などが亡くなったことにより、財産を前の代から受け継いだ場合や、
遺言により財産をもらった場合に発生する税金です。

“相続税が何なのかよく分からないという方は”の詳細は »

一流ホテル高層階でのランチ

平日の昼間だというのに、28階にはたくさんのお客様。それも、なんだかお金持ちそうなマダムや、紳士ばかり。

先日、会社の上司・先輩にランチに連れて行っていただきました。
ランチと言ってもそんじょそこらのランチではありません。
某一流ホテルの中の、
横浜市内を一望できる、高層階!まずわたくし、このホテルに足を踏み入れたことがありません。


“一流ホテル高層階でのランチ”の詳細は »

相続における贈与税の特例

相続で非課税の特例の適用を受けるためには、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書を準備する必要があります。

非課税の特例の適用を受けるためには、贈与を受けた年の翌年
2月1日から3月15日までの間に、非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に以下のような書類を準備する必要があります。

★計算明細書
★戸籍の謄本
★住民票の写し
★登記事項証明書
★新築や取得の契約書の写しなど一定の書類

これらを添付して、納税地の所轄税務署に提出する必要があります。
“相続における贈与税の特例”の詳細は »

こうして相続手続きのスケジュールは進む

相続で遺産分割協議をしたあとに遺産がみつかると最初からやり直しをさせられなければなりません。

その1:届け出等

●死亡届の提出
●公的年金の切り替え(遺族年金の受給手続きなど)
●健康保険の切り替え
●電気、ガス、水道、電話等公共料金の名義変更
●社会保険などへ埋葬許可と埋葬料の請求
●戸籍謄本変更(除籍手続き)
●各種カードの停止
●生命保険金の交付手続き
●そうぞく人の遺産分割協議準備
財産の確認、債権の確認。
そうぞく人の確認
“こうして相続手続きのスケジュールは進む”の詳細は »

法定相続分とはどういったきまりでしょうか

法定相続人の相続する割合を「法定そうぞく分」といいます。ただし法定そうぞく人全員の合意があれば法定ぞうぞく人にこだわらずどのような分け方をしてもかまいません。

民法では遺言が無い場合には、法定相続人が相続する割合を
決めています。

法定相続人の相続する割合を「法定相続分」といいます。
ただし法定相続人全員の合意があれば法定相続人にこだわらず
どのような分け方をしてもかまいません。
“法定相続分とはどういったきまりでしょうか”の詳細は »

公正証書で遺言をつくるということと相続のつながり

公証人が遺言者の口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、遺言者及び証人が筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押します。

公正証書遺言とは?証人二人以上の立会いがあり、遺言者が遺言の内容を公証人に口授し、公証人が遺言者の口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、遺言者及び証人が筆記の
正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押します。

公証人がその証書は上記に掲げる方式に従って作ったものである旨を附記して、これに署名し、印を押して作成されたものです。
“公正証書で遺言をつくるということと相続のつながり”の詳細は »

法律で相続人がいない場合のことが決まっている

相続人不存在の場合は、被相続人の債権者、特別縁故者、検察官が裁判所に対して相続財産管理人の選任を請求しますよ

財産は誰も引き継ぐ人がいないので最終的には国庫帰属になります。
共有者も特別縁故者もいない場合には、相続財産管理人には家庭裁判所の審判により
報酬が決められ、相続財産の中から支払われます。
そして残った財産は国庫に帰属します。

これは最初から相続人が全くいない場合のほか、
相続人の全員が相続放棄してしまったような場合にも該当します。
“法律で相続人がいない場合のことが決まっている”の詳細は »

債権が多い場合の相続はこうなるんです。

マイナスの財産を返済し、残った財産を相続することができますよ。頭の片隅においておくべし。

遺産相続というのは、プラスになるものばかりでなくその人(被相続人)が持っていた債権まで受け継がれます。ですsからその財産には不動産、財産だけではなく借金のような債権も受けつがれてしまうのです
“債権が多い場合の相続はこうなるんです。”の詳細は »

相続で家庭裁判所に持ち込む心得

相続では感情的になってしまうとこれらの本質を見失いがちになってしまいますので気をつけましょう。

相続について家庭裁判所へ持ち込む場合は慎重に行いましょう。よほど急な案件で無い限り、相続人同士できちんと話し合いをつけて整理してから持ち込みましょう。
“相続で家庭裁判所に持ち込む心得”の詳細は »

« 過去の記事